消費者金融(サラ金)に関する情報をいろいろお知らせします。
消費者金融(サラ金)情報 >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

消費者金融(サラ金)情報 >> 債務者の起こした事件・事故 >> 長崎の銃乱射男、消費者金融に借金がありました。
長崎で起きたスポーツクラブでの銃乱射事件の馬込政義容疑者は、
消費者金融に借金があったようです。

さらに、過去においても、金銭にだらしのないところがあります。

自分も日々の生活をしっかりしなければいけないと強く反省しました。

出来ることからコツコツと

というのが、とてもいいですね。
皆さん、がんばりましょう。




イザからの記事を引用します。
 長崎県佐世保市のスポーツクラブで2人が死亡、6人が重軽傷を負った散弾銃乱射事件で、逃走後に自殺した馬込政義容疑者(37)=同市船越町=が消費者金融に少なくとも数十万円の借金をしていたことが17日、佐世保署捜査本部の調べで分かった。馬込容疑者は数年前から定職に就いていなかったが、散弾銃や新車などを購入し、両親に無心することも多かったという。捜査本部は借金などで精神的に追いつめられたことも犯行の背景にあるとみて動機との関連を調べる。

 調べでは、馬込容疑者は地元の小中学校と高校を卒業後、職業訓練学校などを経て電気会社や地元の総合病院などで働いたが、いずれも長続きせず、約8年前に退職した後は職を転々とし、犯行時は定職に就いていなかった。

 関係者の話では、馬込容疑者は数年前に300万円以上の国産ワゴン車や1丁約20万円の散弾銃を購入。趣味の釣り用に中古のプレジャーボートも購入するなど金遣いが荒く、その費用は市職員だった父親の退職金や借金で捻出(ねんしゅつ)していた。

 馬込容疑者が散弾銃を最初に所持した5年前には、消費者金融などから借りた約500万円の返済にも父親の退職金を充てており、父親は「息子が勝手に借金をして困っている」などと周囲にも愚痴をこぼしていたという。

 馬込容疑者はその後も父親への無心を繰り返しており、今年10月には新車を買い替え、消費者金融に少なくとも数十万円の借金があった。母親から同容疑者の借金について相談されたという近所の無職男性(71)は「息子に頼まれたら嫌とはいえなかったようだ」と話す。

 また馬込容疑者の母親が事件前、「息子が何をしでかすか分からない」と近隣住人に不安を打ち明けていたことも判明。両親も馬込容疑者が多額の借金を重ねたり、近所とトラブルを起こすことに手をこまねいていたとみられ、捜査本部は事件前の不安定な精神状態を示す重要な証言とみている。

引用元 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/110265/


  
スポンサーサイト

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

消費者金融(サラ金)情報 >> 債務者の起こした事件・事故 >> 青公大元課長に実刑
公務員の横領事件です。
消費者金融の借入金の返済目的もあります。
自宅も改修しています。

ひどいことをする人もいますね。

2007年6月1日睦奥新報の記事全文です。

青公大元課長に実刑/公金不正流用事件
青森地裁判決「立場を利用、悪質」

 青森地域広域事務組合が設置する青森公立大学(佐々木恒男学長)の公金不正流用事件で、詐欺罪に問われた青森市緑1丁目、同大学元総務課長で無職田辺直被告(49)の判決公判が31日、青森地裁であり、渡辺英敬裁判官は懲役3年6月(求刑・懲役4年6月)の実刑判決を言い渡した。

 判決によると、田辺被告は消費者金融の借金や遊興費、自宅リフォーム代に充てるため、同大学総務課長として教員らの出張旅費経理に関する事務をしていた1999年から2003年までの間に、教員の出張旅費を同事務組合に架空請求。8回にわたって現金約1096万円をだまし取った。
 これまでの公判で、田辺被告は「仕事にのめり込み、公私の区別が付かなくなった結果、出張旅費は自分で自由に使えるものと思っていた。自分が大学の事務処理について苦労したり貢献しているのだから、多少であれば(不正流用は)許されると思った」と証言していた。
 これに対し、渡辺裁判官は「勝手な思い込み。自己中心的な動機で酌むべき点はない」と厳しく断罪。「旅費支出事務に精通した立場を利用し、発覚しにくいよう巧妙な手口で悪質。被害額も多額で、弁済のめども立っていない」と述べた。
 さらに、全国で唯一県庁所在地で国公立大学がなかった青森市にようやく大学設置を実現させた関係者の処罰感情もくみ入れ、「公務員としての身勝手な犯行」と断じた。
 一方で「厳しく非難されるべき犯行に及んでいたにしても、大学開設から運営が軌道に乗るまで事務処理に尽力したことは、それなりの評価に値する」と酌量の理由を説明した。
 判決を受け、佐々木学長は「判決を真摯(しんし)に受け止める。地域住民の期待に応える健全な大学を心掛ける」、佐々木誠造青森市長も「職員一丸で再発防止に努める」とのコメントを発表した。
 田辺被告の弁護側は「控訴するかどうかについては、本人とよく話し合って検討する」とした。

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

消費者金融(サラ金)情報 >> 債務者の起こした事件・事故 >> 還付金搾取
福岡地検は国から760万円をだまし取ったとして詐欺の疑いで、
大牟田税務署の国税徴収官今道宏明容疑者
=長崎県西海市=を逮捕した。

調べによると、
今道容疑者は還付金の支払い事務を担当していた6月、
署内のコンピューターを操作して
還付金が発生したようにみせかけ、
自分名義の預金口座や貯金口座に計約760万円を疑い。
今道容疑者は容疑を認め、
詐取した金は借金返済などに充てたと話しているという。
詐取したうち560万円を弁済しており、
残る約200万円も弁済させる。

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

消費者金融(サラ金)情報 >> 債務者の起こした事件・事故 >> 無理心中
借入金が多くても心配しないで。
どうにかなりますよ。

解決の道はあります。


朝日新聞 - 2007年07月21日 の新聞記事の全文です。

携帯に「仕事ない。子ども産めない」 東淀川の無理心中


 大阪市東淀川区下新庄3丁目のマンションで、電気工事業の弘田信行さん(34)の一家4人が無理心中したとみられる事件で、室内にあった弘田さんの携帯電話に「仕事がない。このままでは子どもも産めない」という内容のメールが残されていたことが大阪府警の調べでわかった。一家が消費者金融以外に親類らからも金を借りていたことがわかり、府警は生活苦が原因の無理心中だったとみて調べている。

 東淀川署の調べでは、メールが残されていた携帯電話は、妊娠8カ月の妻和恵さん(34)の遺体の枕元に置かれ、弘田さんの事業不振をうかがわせる文面とともに、今後の生活について「やっていけない」などと記されていたという。弘田さんがマンションから飛び降りたとみられる約30分前の20日午後0時28分に保存されていた。

 消費者金融からの数百万円の借金以外にも、周囲の親類らから金を借り、約10万円の家賃を2カ月間滞納していたという。

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

消費者金融(サラ金)情報 >> 債務者の起こした事件・事故 >> 消費者金融の借金が原因現金書留窃盗
消費者金融の借金が原因で、現金書留の窃盗をして、
郵便局員が書類送検されています。

犯罪は犯さないようにしましょう。

日刊スポーツ 2007年7月17日20時35分の新聞記事を引用いたします。

現金書留盗んだ郵便局員を書類送検
 日本郵政公社福島監査室は17日、勤務先の須賀川郵便局(福島県須賀川市)から現金書留1通を盗んだとして、窃盗の疑いで、添田正夫元非常勤職員(48)を書類送検した。6月14日付で懲戒免職となっている。

 調べでは、添田元職員は4月27日、現金書留を保管する郵便局のロッカーから、現金書留1通(2万円在中)を盗んだ疑い。

 同監査室によると、添田元職員は消費者金融などに約600万円の借金があり、生活費に困って盗んだという。
プレゼントキャンペーン実施中!【日刊スポーツ】






※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。