消費者金融(サラ金)に関する情報をいろいろお知らせします。
消費者金融(サラ金)情報 >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

消費者金融(サラ金)情報 >> 債務者の起こした事件・事故 >> 刑事課長名乗り結婚詐欺
沖縄タイムスの記事全文です。
2007年5月31日(木) 朝刊 27面
刑事課長名乗り結婚詐欺/与那原署 容疑24歳逮捕
 結婚を約束した南城市の女性会社員(24)から約十二万円をだまし取ったとして、与那原署は三十日までに那覇市安謝の無職川満友博被告(24)=起訴済み=を詐欺容疑で再逮捕した。川満容疑者は被害女性以外にも三人の女性と交際し、同様の手口で金銭をだまし取っており、同署は被害総額が約二千万円になるとみて調べを進めている。容疑を認めているという。
 調べでは、川満容疑者は二〇〇五年七月に携帯電話のサイトで知り合った女性と交際を始めた。翌月から、返却する意思がないのに「金を貸してほしい」と金銭を詐取した疑い。

 川満容疑者は「金城優姫」と偽名を名乗り、「県警で一番若い刑事課長」などと身分を偽っていた。女性に対しては「外国籍なので消費者金融からお金を借りれない。代わりに借りてほしい」などと言い、数回にわたって計三百五十万円をだまし取ったとみられている。

 度重なる金銭の要求に、素性を疑った女性の父が「警察手帳を見せろ」と要求。川満容疑者は「特別任務で普段持っていない。手帳は本部にある」と話し、父親と県警本部に向かったが、本部前で「手帳を取ってくる」と言ったまま逃走した。

 今年三月に指名手配され、四月二十日に、別の女性が住む那覇市の市営住宅にいたところを機動捜査隊に逮捕された。

 同署は、被害女性以外にもこれまで三人の女性に警察官や消防署員と名乗り、同様の手口で計約二千万円をだまし取っていたとみている。

 川満容疑者は「お金はパチンコに使った。警察官や消防署員と名乗れば女性は信用してくれると思った」と話しているという。同署は他の詐欺容疑も裏付けが取れ次第、立件する方針。


スポンサーサイト

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。