消費者金融(サラ金)に関する情報をいろいろお知らせします。
消費者金融(サラ金)情報 >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

消費者金融(サラ金)情報 >> 消費者金融情報 >> 板橋区血痕マンションに謎の住人
スポーツ報知の記事全文です。

板橋区血痕マンションに謎の住人
 東京都板橋区のマンションで大量の血痕が見つかり、遺体が運び出されたとされる事件で、部屋の住人とみられる男性(29)が、面識のない男性らと無断で養子縁組を繰り返していたことが7日、警視庁捜査1課の調べで分かった。また、この男性を代表取締役とする会社が約8か月間に7社設立されていたことも分かり、謎が深まっている。

 血痕が見つかったマンションの部屋の住人とみられる男性は、賃貸契約書などから、大久保憲義さん(29)となっているが、実体は不明。調べによると、大久保さんとみられる男性は養子縁組を繰り返し、現在「大久保」姓となっているが、戸籍上、養父となっている男性はこの“養子”について「全く知らない人間。勝手に養子縁組させられた」と話しているという。

 また登記簿などによると、この住人とみられる男性が代表取締役となり、この部屋をはじめ、文京区、新宿区の雑居ビルの一室などに計7社が、昨年10月から今年5月にかけて設立されていた。いずれも「広告代理店業」「情報処理サービス」などを業務とし、私設私書箱や電話転送サービスの会社の住所が使われたケースもあった。男性以外に役員はおらず、会社の実態はなかったとみられ、謎が謎を呼んでいる。

 元大阪府警捜査2課刑事でジャーナリストの中島正純氏は、「過去にあったケース」と一般論であることを前置きしたうえで、養子縁組については「消費者金融のブラックリストに入った場合、同じ名前では借りられないため、養子縁組して姓を変えることがよくある」とし、会社設立には「振り込め詐欺などは、その会社の住所に行ってみると、実態のない架空の会社になっていることがほとんど」と分析した。また「振り込め詐欺は必ず複数犯で、仲間割れも多い」ともいう。

 捜査1課では、交友関係やトラブルなどのほか、会社設立の目的などを捜査、事件との関連を調べている。
(2007年6月8日06時01分 スポーツ報知)

スポンサーサイト

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。