消費者金融(サラ金)に関する情報をいろいろお知らせします。
消費者金融(サラ金)情報 >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

消費者金融(サラ金)情報 >> 消費者金融業界の情報 >> カード大手、休眠会員削減・利用者側も選別重要に
消費者金融を中心としたキャッシングの灰色金利廃止の影響は、
クレジットカードの利用者に対して、影響してきそうですね。

年会費の無料が無くなっていくかもしれませんね。


日本経済新聞 - 2007年6月23日の記事を引用いたします。
カード大手、休眠会員削減・利用者側も選別重要に
 クレジットカードや信販各社が、カードをほとんど利用しない「休眠会員」の整理に乗り出した。年会費の有料化や提携カードの縮小などによって「発行枚数=量」から「採算性=質」への転換を図る。長期間利用しないと思いがけず会費を請求されたり、使えなくなったりする可能性もあるため、使わないカードを持っている人は注意が必要だ。

 各社がカードの整理を進めるのは、個人向けローンの上限金利を29.2%から20%以下まで引き下げることを柱とした改正貸金業法の成立で、キャッシング(小口金融)が生み出してきた利益が減ることが確実になったためだ。(07:01)
スポンサーサイト

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。