消費者金融(サラ金)に関する情報をいろいろお知らせします。
消費者金融(サラ金)情報 >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

消費者金融(サラ金)情報 >> 消費者金融業界の情報 >> 貸し過ぎ防止のために貸金業界が自主規制案
消費者金融と信販会社などで新たな業界団体をつくるための
協議会が、今後の貸金業界の自主規制案を出しました。
30万円までの借入で3年、30万円超で5年の貸付期間の
制限をするというのが、骨子になります。

あまりにも、新規の融資、追加の融資が受けられなくなると、
ヤミ金にお世話になったり、自己破産せざるを得ない人が
増えるのでは、無いでしょうか。

少しゆっくりとやっていただかないと、社会全体が
不安になってくるような気がします。

日経ネット07.07.09の記事全文を引用します。
貸し過ぎ防止、返済3―5年以内・貸金業界が自主規制案
 グレーゾーン(灰色)金利の廃止や貸付総額規制を盛り込んだ貸金業法の成立を受け、年内に発足する貸金業協会が設ける自主規制ルールの検討内容が明らかになった。貸し過ぎを防ぐため、返済期間を3―5年以内とするほか、1日に何件も借り回っている人への融資も自粛する。テレビCMや屋外の広告看板も大幅に制限する。

 消費者金融会社や信販会社などの業界団体が新たに横断的な業界団体をつくるために組織した新協会設立協議会がまとめた。この案によると、個々の貸し付けの最長返済期間を、貸付額30万円以下の場合は3年、30万円超では5年に制限。貸し過ぎや利払い負担が過大になるのを防ぐ。(07:00)

スポンサーサイト

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。