消費者金融(サラ金)に関する情報をいろいろお知らせします。
消費者金融(サラ金)情報 >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

消費者金融(サラ金)情報 >> 各社の個別情報 >> 武井保雄氏(武富士創業者)が肝不全のため死去
消費者金融武富士の創業者亡くなっていたのですね。
知りませんでした。

お悔やみの記事をご紹介します。日刊スポーツの新聞記事を
引用いたします。亡くなった当時の新聞記事です。
武井保雄氏(武富士創業者)が肝不全のため死去
 消費者金融大手「武富士」の創業者で前会長の武井保雄(たけい・やすお)氏が06年8月10日午後4時50分、肝不全のため東京都杉並区の自宅で死去した。76歳。密葬は親族のみで行う。
 旧国鉄に勤務後、野菜の行商などに携わり、1966年に36歳で武富士の前身「富士商事」を創業。団地を回り主婦などに少額を貸し付ける方法で事業を始めた。68年に武富士商事を設立、社長に就任。消費者金融業界の草分け的存在として知られ「消費者金融の帝王」と呼ばれた。74年に社名を武富士に改称、一代で貸付残高で業界最大手になるまで押し上げた。93年には高額納税者番付のトップになった。
 96年には株式を店頭公開し、98年に東証1部上場を果たした。02年には日本経団連にも加盟した。
 一方で、ワンマン経営者として知られ、03年12月には武富士に批判的な記事を書いたフリージャーナリストの電話の盗聴を指示したとして逮捕され会長を退任、経営の一線から退いた。04年11月に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けた。最近では表舞台に出ることは全くなかった。
プレゼントキャンペーン実施中!【日刊スポーツ】



スポンサーサイト

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。