消費者金融(サラ金)に関する情報をいろいろお知らせします。
消費者金融(サラ金)情報 >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

消費者金融(サラ金)情報 >> 消費者相談センター利用状況 >> 九州・沖縄5月倒産 137件負債総額384億円 今年最悪
九州・沖縄5月倒産 137件負債総額384億円 今年最悪 融資厳格化が影響
 東京商工リサーチ福岡支社(福岡市)が11日発表した5月の九州・沖縄の企業倒産件数(負債額千万円以上)は、前年同月比31.7%増の137件で、負債総額は同33.2%減の384億4500万円だった。件数、負債ともに今年最悪で、同支社は「零細企業の倒産が増えており、銀行や消費者金融が融資を引き締めていることが影響している」と分析している。

 負債額10億円以上はフルーツゼリー製造のナガサキゼリー(長崎市)、不動産賃貸・管理の六ツ門プラザ(福岡県久留米市)など7件。原因別では販売不振や赤字累積など不況型が70.8%を占めた。

 業種別では55件の建設業が最多。製造業やサービス業も増加し、同支社は「どの業種でも格差が大きくなっている」としている。製造業では、規制強化で設備投資の負担が増加しているパチンコ関連メーカーの倒産が目立った。

=2007/06/12付 西日本新聞朝刊=
スポンサーサイト

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。