消費者金融(サラ金)に関する情報をいろいろお知らせします。
消費者金融(サラ金)情報 >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

消費者金融(サラ金)情報 >> 過払金返還請求 >> 多重債務と過払い金返還請求の体験記
多重債務と過払い金返還請求の体験記がありましたので、
ご紹介いたします。

オーマイニュースインターナショナル2007-07-17 12:55の新聞記事
を以下に引用いたします。

多重債務を自分で整理した
格差社会の片隅でたくましく生きる

わたしは諸事情により、現在、多重債務者となっている。

 とはいえ、自転車操業の技(?)により、おそらく優良顧客(優良貸付先)になっているのではないかと思われる。

 10数年前のバブル経済のころ、学生であったわたしは、とある事情により消費者金融A社に、12万の借金をした。

しかし与信枠は30万ほど。当時付き合いのあったあまり出自のよろしくないオトコの借金を、ほんの少しだけ払わされ、その後もついつい……、というお決まりのパターンで雪だるま式に借金が膨らんでいったのである。
 
 その後、就職し、運よく真っ当な職にありつくことができ、着々と債務を返済していった。が、なかなか完済することもできず、長々とかかり、去年(2006年)の9月に、某クレジットカードの低利でのカードローンに借り換え、ようやく完済した。

 ちょうど世間で「グレーゾーン金利」の是正について知られるようになってきたころである。完済したこと自体は喜ぶべきことであるが、「グレーゾーンの部分=過払い分」を何とか取り返せないだろうかと思い立ち、さる弁護士(法人)をネットで見つけ、過払い返還の申し立てを試みた。

 (1)返還してもらうべき過払いが発生しているのかどうかを、弁護士(法人)を通じ貸し手である企業へ資料の開示を求め、確認した上で、(2)過払いがあれば請求し、状況のいかんによっては訴訟を提起する、または和解によって、(3)めでたく返還の運びとなる。

 申し立てを行ったのが2006年12月中旬であった。疑わしいものも含めると3件あり、うち1件は時効かと思いきや、適正な金利が適用されていた。

 残りの2件、1社は消費者金融A社、もう1社は信販系ローン大手O社に対して開示請求を行った。

年が明け、2007年1月~3月にかけて数度の訂正を含め、自らの貸借・返済の記録を取り寄せた。無計画な利用ぶりに反省するところしきりであるが、それは今後の生活に活かせばいいことで、基本的には依頼した弁護士(法人)にお任せである。

 弁護士(法人)は1軒めで決めてしまったのであるが、こちらはプライバシー保護に充分配慮してくださり、メールと携帯宛の電話でのやりとりですべて進めていった。

 3月、O社が和解を申し出たとの知らせがあり、めでたく弁護士への報酬などを差し引いた金額が還付された。

しかし4月に、A社のほうが裁判になった。しがない小市民のわたしは少々ドキドキしたものである。この経過がなかなか知らされず、どうなっているのかと案じてところ、7月に入って、和解となった。そして過日、最後の過払い分が還付された。

 まだプチ借金は残っているのだが、とりあえず大きなものからは解放され、肩の荷がかなり軽くなった気分である。

 もし、多重債務に苦しんでいる人が読者のなかにいるなら(多分いないと思うが)、ためらわずに過払い返還を試みてはどうだろうか。長期に亘って、真面目に返し続けている人は過払いが発生している可能性が高いそうである(わたしの場合は、2件とも完済後の返済申し立てであった)。

 ただし注意しておきたいのは時効。完済してから10年だそうである。

 格差社会の一層の進行には、いろんな形はあろうが、自助努力で堪えていくしかない。わたしもたくましく生きる日本のオバチャンとなって、是非近いうちに低所得者層からの脱却を目指していきたいと考えている。
スポンサーサイト

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。