消費者金融(サラ金)に関する情報をいろいろお知らせします。
消費者金融(サラ金)情報 >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

消費者金融(サラ金)情報 >> 債務者の起こした事件・事故 >> 職員が500万円着服 昼間郵便局
徳島新聞記事の全文です。
職員が500万円着服 東みよし・昼間郵便局 2007/06/09 10:35 メールで記事を紹介する 印刷する
 日本郵政公社徳島監査室は八日、簡易保険の貸付制度を悪用して契約者への貸付金約五百万円を着服したとして、昼間郵便局(東みよし町昼間)前総務主任の國安正利容疑者(46)=三好市三野町太刀野=を業務上横領や詐欺などの疑いで徳島地検に書類送検した。日本郵政公社本社(東京)の監査部門によると、県内の被害額としては過去五年間で最高。同公社四国支社(松山市)は四月二十五日に國安容疑者を懲戒免職処分にしている。同室が記者会見して明らかにした。

 徳島監査室の調べによると、國安容疑者は三野郵便局(三好市三野町芝生)に勤務していた二〇〇五年四月十二日から〇六年四月二十四日までの間、三野町内に住む友人二人と知人の郵政職員一人が契約している簡易保険の貸付制度を悪用。

 契約者に無断で貸し付け手続きをしたり、同局の窓口担当者に「契約者が来て貸付金の支払いを金庫から立て替えた」とうそをつくなどして、計二十二回にわたり貸付請求書を偽造し、総額五百二万六千八百六十七円を着服した疑い。

 國安容疑者は〇六年四月に昼間郵便局に異動後、契約内容の通知書が契約者に郵送されて発覚することを恐れ、同年九月ごろに三人に犯行を打ち明け、郵便局を退職する意思を伝えたという。ところが國安容疑者が退職しなかったため、今年四月二十二日、契約者の一人が三野郵便局長に連絡。翌日、同監査室が國安容疑者を追及したところ犯行を認めた。

 調べに対し、國安容疑者は「消費者金融への返済やパチスロなどの遊興費に充てた」と話しているという。被害額は國安容疑者の親族らが全額返済している。

 同公社四国支社の山下雅好業務課長は「顧客に対して多大な迷惑をかけた。指導の徹底を図り、信頼回復に努める」と話した。また、懲戒処分した日に発表しなかったことについて、同監査室は「慣例に従って書類送検した日の発表となった。今後は処分した日に発表できるよう今後の検討課題にする」とした。
スポンサーサイト

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。