消費者金融(サラ金)に関する情報をいろいろお知らせします。
消費者金融(サラ金)情報 >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

消費者金融(サラ金)情報 >> 書籍情報 >> 消費者金融書籍/下流喰い―消費者金融の実態 (ちくま新書)
消費者金融業界のお金儲けのやり方を書いている書籍です。

弱肉強食の社会であることを考えてしまう書籍といえます。



下流喰い―消費者金融の実態 (ちくま新書)下流喰い―消費者金融の実態 (ちくま新書)
須田 慎一郎
筑摩書房 刊
発売日 2006-09



消費者金融が田舎にも定着している 2007-08-13
消費者金融の実態がわかりやすくリポートしてあります。本書の場合は、被害者に焦点を当てて、消費者金融のえげつなさについて論じています。



消費者金融は、不況になれば不況になるほど、金利差によってすごくうまみのある商売だなという感じがしますね。現在は、銀行までも消費者金融に参入している。これだけ、消費者を取り込んでいるということは、消費者金融のイメージアップ作戦は成功しているという感じがする。しかし、それは、消費者の無知の上で成り立っているという実情もある。



消費者金融もグレーゾーン金利の解消やアイフル、三洋信販の業務停止などでイメージの低下に悩まされることになる。その中でも、大手業者とその他業者の格差が広がっている。いくら法律で規制をしても、ヤミ金融はなくなることはないのではないかと思う。



結局は、今の社会が弱肉強食になっているからではないだろうか。下からトップになりあがることも少ないどころか、下の階層はずっと下の階層のまま固定化されることが問題なのかな。その下の階層をターゲットにしている消費者金融は、これらの階層から金を巻き上げているのだから。






さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。