消費者金融(サラ金)に関する情報をいろいろお知らせします。
消費者金融(サラ金)情報 >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

消費者金融(サラ金)情報 >> 債務者の起こした事件・事故 >> 陸自汚職:西容疑者、借金が数百万円
借入金が多いといろいろと問題がでてきます。
借りすぎないように十分に注意して下さい。

以下に新聞記事の全文をご紹介します。
毎日新聞 2007年6月23日 15時00分
陸自汚職:西容疑者、借金が数百万円 返済困り現金要求
 陸上自衛隊の装備品の発注を巡る汚職事件で、1等陸佐の西真悟容疑者(44)=収賄容疑で逮捕=がパチンコなどのギャンブルでつくった消費者金融への借金が数百万円にのぼることが分かった。西容疑者はこの借金返済に困って、数年前から「伸誠商事」(東京都千代田区)役員、松井智則容疑者(44)=贈賄容疑で逮捕=に継続して現金を要求するようになった。警視庁捜査2課は現金の授受が長年にわたって続けられた悪質な事件とみて追及している。

 調べによると、西容疑者は95年ごろ、装備品の研究会を通して松井容疑者と知り合いになった。直後に飲食やゴルフの接待、タクシー券の授受が始まったという。

 当時、西容疑者は30歳代前半で、装備品の調達について研究する陸自の「需品学校」に勤めており、一時的に装備品の納入にはかかわっていなかったが、85年の入隊から一貫して装備部門に在籍していた。自衛隊では部署間の異動がないため、松井容疑者は西容疑者がいずれは装備部門の幹部になる可能性が高いと考え、接待を始めたという。

 西容疑者はその後、パチンコやパチスロにのめり込み、借金の額は一時、数百万円に上ったという。このため西容疑者は数年前から松井容疑者に金額を指定して現金を要求するようになった。松井容疑者は要求されるままに、1回数十万円を西容疑者に渡していたという。

 西容疑者を知る自衛隊幹部は「若いときに油断していたのかもしれない。業者からみれば、先行投資だったのだろう」と話した。【石丸整、鳴海崇】
毎日新聞 2007年6月23日 15時00分

毎日新聞の購読申込キャンペーン!



スポンサーサイト

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。