消費者金融(サラ金)に関する情報をいろいろお知らせします。
消費者金融(サラ金)情報 >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

消費者金融(サラ金)情報 >> 会社側の起こした事件・事故 >> 消費者金融、借り手に生保 「死亡しても金回収」
消費者金融は、最後は生命保険で回収していたのですね。
でも、生命保険は廃止の方向ですので、
最後は、融資の審査が非常に厳しくなっていくのでしょうね。
闇金融が、伸びる事になるかもしれませんね。

毎日新聞 2006年9月30日 東京朝刊
縦並び社会:広がる多重債務 消費者金融、借り手に生保 「死亡しても金回収」
 ◇取り立ても加速 過剰融資、助長浮き彫り--元大手社員、明かす

 消費者金融大手が借り手全員に生命保険を掛けていた問題で、複数の元社員らが毎日新聞の取材に「客が死亡しても保険で回収できるから、高齢者や返済能力の乏しい人にも無理な貸し付けをし、取り立ても厳しくできた」と証言した。大手消費者金融は「遺族に負担をかけないための保険」と説明してきたが、この保険の存在が過剰融資を助長している現状が浮き彫りになった。【多重債務取材班】

 この保険は消費者信用団体生命保険。30代男性の元大手社員は「高齢の債務者でも、『保険がある』と思えば無理をしてでも貸せた。ノルマに追われる中で、亡くなるのを気にしないで融資を勧められたから営業実績を伸ばせた」と明かす。

 また別の大手の男性元社員は、追加借り入れを勧める際、顧客が「自分が急死したら、家族に取り立てが及ぶのでは」とためらう場合、「死亡しても保険で債権回収するので、ご家族には迷惑がかかりません」と説得していた。

 この元社員は「いずれ返済できなくなる客と分かっていても、無理な貸し付けができたのは保険のおかげだった」。こうした顧客への対応は「先輩社員のやり方を見て、みんな自然と身につけている」とも話した。

 そのうえで、元社員は「業界は表向きは『顧客のために赤字を承知で保険料を払っている』というが、利益を上げるために必要な保険だった。生保業界にとっても、大量に契約が取れるシステムはうまみがあった。保険が廃止になれば、安易な貸し方を変えざるを得なくなる」と話している。

 消費者信用団体生命保険については「命を担保にした債権回収」との批判が高まり、大手・中堅の一部は取りやめる方針だ。しかし、多重債務問題に取り組む辰巳裕規弁護士は「やめても、業界にはこれまでこの保険がどのように運用されてきたかを説明する社会的責任がある」と訴える。

==============

 情報をお寄せください。ファクス(03・3212・0635)、Eメール t.shakaibu@mbx.mainichi.co.jp〒100-8051 毎日新聞社会部多重債務取材班。
毎日新聞の購読申込キャンペーン!





スポンサーサイト

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。