消費者金融(サラ金)に関する情報をいろいろお知らせします。
消費者金融(サラ金)情報 >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

消費者金融(サラ金)情報 >> 会社側の起こした事件・事故 >> 三和ファイナンス:全店舗の業務停止命令
毎日新聞 2007年4月4日 19時45分
三和ファイナンス:全店舗の業務停止命令 返済強要で
 金融庁は4日、借り手の家族に返済を迫るなどの違法行為を繰り返したとして、消費者金融の三和ファイナンス(本社・東京都新宿区)の無人店舗を含む約350の全営業拠点を対象に43日間、返済の受け取りを除く全業務の停止命令を出した。違法行為が確認された札幌支店など10店舗には最長66日間の停止を命じた。家族からの取り立てを事実上奨励するマニュアルを本社が作成するなど、悪質性が高いと判断。消費者金融への処分としては、これまでで最も厳しい内容となった。停止は23日から。

 同庁によると、同社は05年から06年にかけて、借り手の家族に返済を肩代わりするようしつこく要求したり、親族から返済資金を借りるよう強要するなど、計8件の違法な取り立てを行った。また、借り手との和解が成立しているのに返済を求めたり、借り手側から過去の取引履歴の開示を求められた際に「保存していない」と、うその回答をしていた。

 借り手本人以外から取り立てたり、返済資金を誰かから借りるよう強要する行為は貸金業規制法で禁止されているが、同社は「返済が延滞した場合、親族と交渉する」ことなどを回収担当者向けのマニュアルで定めていた。

 三和ファイナンスは72年設立の非上場・独立系消費者金融。貸出金残高は1725億円で業界11位(業界紙調べ)。【坂井隆之】
毎日新聞の購読申込キャンペーン!



スポンサーサイト

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。