消費者金融(サラ金)に関する情報をいろいろお知らせします。
消費者金融(サラ金)情報 >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

消費者金融(サラ金)情報 >> 消費者相談センター利用状況 >> 貸金業者数1年で17%減 規制強化、苦情は19%増
貸金業者が減少しています。
今後も減少する見込みです。
それでは、新聞記事の全文です。
sankei webの記事全文です。
(2007/06/29 22:58)
貸金業者数1年で17%減 規制強化、苦情は19%増

 金融庁が29日まとめた平成18年度の貸金業統計によると、貸金業者の登録数(19年3月末現在)は1万1832社と、1年前に比べ16.9%減少した。昨年12月の改正貸金業法成立で上限金利の引き下げが決まるなど、規制強化で経営環境が厳しくなっていることが原因。

 同庁は業者数の減少が今後も続くとみており、上限金利の引き下げなど、貸金業法が本格施行される21年末までには3000社程度まで減るとの試算もある。

 一方、金融庁や都道府県などに寄せられた貸金業者関連の苦情や相談の件数は19.4%増の6万5900件と急増。アイフルや三洋信販など、大手消費者金融会社が相次いで業務停止処分を受けたことが背景にあるとみられる。

 財務局による業務停止・登録取り消し処分も16件と、前年度の5件から大幅に増えた。
スポンサーサイト

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。