消費者金融(サラ金)に関する情報をいろいろお知らせします。
消費者金融(サラ金)情報 >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

消費者金融(サラ金)情報 >> 消費者金融情報 >> 社保事務所、身分証なしで年金手帳再交付
消費者金融から詐欺の形でお金を取る人もいるのですね。
犯罪はやめましょう。
消費者金融をうまく利用しましょう。

nikkan sports.comの記事です。
[2007年6月5日7時41分 紙面から]
社保事務所、身分証なしで年金手帳再交付
 知人に成り済まして社会保険事務所から年金手帳を再交付させ、だまし取ったとして、長崎県警長崎署は4日、詐欺などの疑いで長崎市に住む整備工の男を逮捕した。男は「手帳を使って消費者金融から150万円借金した」と供述している。社会保険事務所が、家族などの個人情報を聞き取りしただけで、身分証の提示なしで交付していたことも明らかになった。

 調べでは、逮捕されたのは長崎市鳴海台、整備工磯田秀成容疑者(36)。昨年2月9日、長崎南保健事務所(長崎市)で、年金手帳再交付申請書に、職場の同僚だった茨城県在住の男性(39)の名前や住所などを記入して提出。この男性名義の年金手帳を詐取した疑い。

 発覚は男性への返済督促だった。金融業者から「お貸ししたお金が返済されていませんけど、どうなっていますか」と返済請求書が男性の自宅に届いたが、身に覚えのない男性は「????」。「自分に成り済ましたやつがいるのかも」と昨年5月9日、長崎署に相談した。

 磯田容疑者と男性は職場の同僚だったことがあり、親交もあった。男性の家族構成や住所など細かい個人情報を入手しており、年金手帳再交付申請書に、男性のデータを記入していた。磯田容疑者は「手帳を身分証明書として使い、消費者金融から50万円ずつ3回で150万円借金した」と供述、容疑を認めている。

 今回の事件で、年金問題で揺れる社会保険事務所のずさんな身分照会も発覚した。社会保険庁長崎社会保険事務局は磯田容疑者に身分証提示を要求。しかし「持っていない」と言われたため、被害男性の職歴や健康保険証の家族記録など、本人しか知らない情報で本人確認していた。

 同事務局は「免許証のようなものでないと完全な本人確認はできない。今回のケースは結果として悪用された形」と困惑気味に話した。

スポンサーサイト

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。