消費者金融(サラ金)に関する情報をいろいろお知らせします。
消費者金融(サラ金)情報 >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

消費者金融(サラ金)情報 >> 多重債務者救済 >> 借金苦救済へ無料相談
中日新聞の記事です。
借金苦救済へ無料相談 来月1日、高山で専門家ら
2007年6月16日

 多重債務に苦しむ人の救援活動をしている名古屋市のNPO法人「クレサラあしたの会」が七月一日、高山市馬場町の市図書館「煥章館」で無料相談会を開く。飛騨地方は多重債務問題に詳しい法律家が少ない「司法過疎地」であるため、借金苦から抜け出せずに悩んでいる人が多いとみられる。同会は気軽な参加を呼びかけている。

 多重債務は、クレジット会社の信用販売や消費者金融などで借金を重ね、返済に行き詰まった状態。多重債務者は全国に二百万人以上いるとされ、自殺や家庭崩壊、凶悪犯罪の原因になることが多い。同会は多額の借金に苦しみ、立ち直った経験を持つ人たちや司法書士らが結成したボランティアグループ。相談会や勉強会などで解決方法をアドバイスしている。

 昨年、貸金業法など関連の法律が改正され、多重債務者の救済は進みつつあるが、実務に詳しい弁護士や司法書士が少ない司法過疎地での進め方が課題となっている。同会理事長の二上公利さんは「飛騨地域は法律家が少ないので、出張相談を企画した」と話す。

 高山市の消費生活の相談窓口には昨年度、多重債務をはじめインターネットによるトラブルや架空請求、訪問販売などの相談が計二百二十四件寄せられたが、誰にも相談できず苦しんでいる人は多いとみられる。

 当日は午後一時から四時まで。消費者金融会社や信販会社との契約書や返済の領収書など、できるだけ多くの資料を持参する。問い合わせは、NPO法人クレサラあしたの会=電080(3620)7654=へ。

 (矢嶋宏明)
スポンサーサイト

※貸付条件をよくご確認のうえ、お申し込みください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。